忍者ブログ
ブログ
[413]  [412]  [409]  [387]  [383]  [382]  [380]  [372]  [371]  [350]  [348

カズオ・イシグロ著
2005年イギリス
(ハヤカワepi文庫)

とにかくネタがばれてしまうと
全く読み進む気がしなくなる小説だと思うので、
ひかえます。
語り口がゆっくりじっくりなので、最初俺はちょっと読みにくかった。最後の方は慣れたけど。

まず映画に興味を持ったけど、まだ見てない。
小説を読み終えてから映画の予告を見たら泣きそうになった(笑)。

新しい設定、視点から、
「限られた若い時間」に起きる、
友情や恋愛のもつれ、心情の移り変わりをメインに、
大人や社会への疑いや信じたいこと、
などを描いている。

悲しい話で、胸にグッとくるものがある。

最近巷にあふれる、「若い子が死ぬから泣いてね」
っていう日本のワンパターンなクソ映画やクソドラマと
ある意味同じテーマなのかもしれない。日本のクソを見てないので
なんとも言えない。見てないのにクソって言っちゃいけない。

まあ、そんな俺が「日本のクソと同じじゃんかよ」と
ならなかったから、違うんだろう。

読んでるうちに、この表紙に「なるほど」となった。

ここんとこ読んだ小説の中で、かなり良いモノだった。
イシグロ氏の他の作品も読んでみたいと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 7
9 10 11 12 14 15
18 19 20 21 22
23 24 25 27 29
30
最新コメント
[04/08 ketakin]
[04/08 つねさん]
[11/27 ketakin]
[11/26 タマゴロー]
[07/27 ketakin]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ketakin (RedAnus)
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/04/21
職業:
自営業
趣味:
プラモデル
カウンター
忍者ブログ [PR]